太陽光発電についてよくある質問

  • Q太陽電池の寿命はどのくらいですか?
  • A一般に、屋根に載せる発電モジュール(ソーラー・パネル)の寿命は20年以上といわれていますが、設置場所や設置条件によって異なります。
  • Q影の影響はありますか?
  • A薄い影(山、ビル、樹木、電柱等の影)が太陽電池に掛かった場合、発電量は低下しますがゼロにはならず、影の部分でも周囲からの散乱光により10~40%程度発電します。
  • Q太陽光で発電した電気は貯めることができますか?
  • A太陽光パネルは太陽光により発電しますが、蓄電の機能はありません。ですが蓄電システムを併用することで蓄電が可能になります。
  • Qシステムの設置工事にどれだけの時間がかかりますか?
  • A太陽電池設置と配線工事だけなら1~2日で完成します。ただし電力会社と発電電力の売買契約締結に1ヶ月程度必要です。
  • Q屋根の方角によって、発電量は変わりますか?
  • A屋根の方角によって発電量が変わります。最も日射量の多い南面への設置が理想的ですが東西面に分けて設置することも可能です。
    その場合、南面に対して以下記述の割合の日射量を得ることができます。

    ・南面:約100%
    ・南東面・南西面:約96% 
    ・東面・西面:約85%
    ・北面:約66%
  • Qほこりやゴミによる発電量の影響はありますか?
  • A太陽光パネルに付着したほこりなどは発電効率低下の原因になります。プランでは汚れ防止のためにソーラーパネルにコーティング(ソーラーメンテコート)をします。帯電防止・超親水機能により汚れの付着を抑え、雨水で流れ落ちやすくなる為発電効率低下を抑制し、清掃のメンテナンス回数を大幅に減らすことができます。
お問い合わせ